Q & A - 不動産Q&A -

突然会社に行っても案内はしてもらえますか?

勿論できる限り御案内させていただきます。 但し、カギの手配も考慮して、できれば事前にご連絡をして頂いた方が良いかと思います。

売買代金以外に必要な経費はありますか?

諸費用としまして、不動産登記費用、仲介手数料、契約印紙代、火災保険料、固定資産税・管理費等の
精算金があり、通常は売買価格の約10%程度必要です。
融資をご利用の場合は、多少諸費用が増える可能性がございますので、具体的には各担当者にご確認下さい。

仲介手数料はいくらですか?

売買価格が400万円を超える場合、売買契約価格の3%+6万円に消費税 5%を加えたものとなります。
(国土交通省の規定価格)
たとえば、売買価格が1000万円の場合、1000万×3%+6万=36万に、消費税 5%を加えた37万8千円となります。プラス6万円というのは、売買価格が400万円以下の部分については、200万円以下の部分は5%、
200万円~400万円の部分は4%と、少し複雑な計算方式となっています。
これを略式計算すると3%+6万円になります。

ホームページに掲載されている物件はすべてあるのですか?

物件情報は日々更新しておりますが、一部他業者からの紹介物件も掲載しておりますので、
お問合せ頂いた時点で、商談中や成約済みの場合もございます。
お問合せ頂ました物件がご紹介出来ない場合は、その旨をご返事させて頂きますのでご了承下さい。

ホームページに掲載されている以外に物件はありますか?

売主様のご事情でホームページに掲載していない物件もございます。
メールやお電話等で直接お問い合わせ頂いたほうが、より確実な情報をお伝えできます。

別荘を売りたいのですが、本当に査定や広告は無料でしてもらえるのですか?

どちらも無料でさせて頂いております。
あくまで、ご契約に至った場合のみ料金を頂戴しております。
また弊社では「即金買取り」もさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。

温泉付と温泉可は何が違うのですか?

温泉を建物内に引き込むには、「温泉権利」を取得し、引湯契約を結びます。
『温泉権利』の価格は、分譲地や市町村、温泉管理会社ごとに違いがあります。
温泉付とは、権利が既に取得されており、販売価格に含まれているということです。
温泉可とは、権利がまだ取得されておらず、権利を別途取得して温泉を引き込むことが出来るという意味です。
但し温泉可の場合、権利金の他に工事費等が掛かります。

家を買った場合どんな税金が掛かりますか?

家を買った場合、取得時に「登録免許税」が課税されます。
その後、不動産を取得した事に対して「不動産取得税」が一回のみ課税されます。
不動産を保有している期間内は「固定資産税」が毎年課税されます。
しかし居住用不動産には税の特例措置(減税)が適用される場合がございますので、
税額その他につきましては各担当者にご確認下さい。

別荘税とは?

熱海市には全国では珍しい「別荘税」というものがございます。
購入した熱海市内の不動産に居住(住民票を転入する)しなかった場合、
建物面積1㎡当たり650円/年の別荘税が徴収されます。

アースホームのホームページに掲載していない他社の物件も扱えるんですか?

もちろんお取り扱いできます。弊社は伊豆で経験豊富な営業が多数在籍しております。
湯河原~熱海、伊東、伊豆高原まで豊富な売買事例がございますので、安心してお問い合わせください。
熱海の不動産 売買物件

熱海の不動産 賃貸物件

伊豆や熱海の物件検索不動産情報 SEARCH

伊豆や熱海の戸建検索不動産情報

伊豆や熱海のマンションを検索

伊豆や熱海の土地を検索

伊豆や熱海の賃貸を検索

伊豆で不動産をお探しの方、マンションや別荘、土地など、アースホームでは幅広い物件を取り扱っております。
箱根、熱海などのリゾート地を中心に豊富な不動産情報の中からご要望に合った物件をご案内いたします。

メニュー

ページのトップへ